女性ホルモン 胸 大きく 関係

今回は、女性ホルモンと胸の関係について紹介していきます。

女性ホルモンが胸の大きさに関わっていることはご存知かと思いますが、女性ホルモンが増えることで、理想の胸に近づくことができるのか、小さい胸で悩んでいる方がいるならぜひ参考にしてみてください。

女性ホルモンと胸は大きく関係していることがわかります。

女性ホルモンの増やし方の方法も紹介します。

女性ホルモンが増加すれば胸が大きくなる?女性ホルモンと胸の関係

女性ホルモン 胸 大きく

女性ホルモンは、胸との関係は胸を大きくする上でもとても大切なもので、女性ホルモンなくして、胸を大きくすることはできません。

女性ホルモンを増やすような生活環境がとても大事になってきます。

女性ホルモンが胸を大きくする

まず、女性ホルモンが多く分泌されると、乳腺も増殖して結果的に胸を大きくすることにつながります。

女性ホルモンが増えると、胸の形も、ふんわりとした胸が作られていくことになります。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。

  • エストロゲンの働き

エストロゲンの働きは、女性らしい体を作ってくれて、胸を大きくするホルモンといわれていて、女性ホルモンでは、特に胸の大きさに関係しているのは、エストロゲンといわれています。

エストロゲンが分泌されることで、乳腺が増えるといわれています。

  • プロゲステロンの働き

プロゲステロンは、妊娠するために必要な女性ホルモンで、胎児を守る大切な働きをしてくれます。

また、母乳を作るために乳腺を発達させる作用もあります。

この二つのホルモンは、毎回繰り返しながら、体のバランスをコントロールしてくれています。

だから、ストレスがかかって自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れるといわれるんですね。

そして、この二つのホルモンによって、乳腺が発達していくことになれば、乳腺の周囲にたくさんの脂肪がついて胸が大きくなるわけなんです。

胸には乳腺がとても大切です。

その乳腺を力づけているのが女性ホルモンになります。

なので、胸を大きくするには、女性ホルモンの分泌は不可欠です。

女性ホルモンの増やし方:食生活編

女性ホルモン 胸 大きく 食生活

女性ホルモンが胸を大きくする働きをするとなったら、女性ホルモンを増やしたいと思いますよね。

女性ホルモンを増やすにはどんなふうにしたらいいのか、生活編とストレッチ編を紹介します。

食生活

食生活が乱れると、女性ホルモンの減少につながります。

タンパク質・ビタミン・ミネラルといったバランスの摂れた食事を心がけましょう。

また、必要な栄養素をサプリメントで摂るのもおすすめです。

もちろん、女性ホルモンに関係するサプリメントいいですよ。

睡眠

女性ホルモンをより多く分泌させるには、十分な睡眠が必要です。

実は、女性ホルモンには寝不足が大敵です。

冷えを改善する

女性ホルモンを増やすには、体を冷やさないことも大切になります。

お風呂の入ったら十分体を温めるようにしましょう。

また、締め付けた服ばかり着ていると、血行が悪くなり冷えの原因になります。

女性ホルモンを増やすヨガ

より女性ホルモンを増やす食生活と併用して、女性ホルモンを増やすヨガも行ってください。

体もリラックスできれば、より女性ホルモンも促しやすいです。

恋をすると女性ホルモンが増える

さて、食生活にヨガに女性ホルモンが増えるような生活ができて、さらに、恋をすれば、さらに女性ホルモンが多く分泌されます。

女性は、好きな人が出来たり恋人ができると、一気に肌がきれいになったりしますよね。

その彼と肌が触れ合うだけで女性ホルモンが活発になります。

女性ホルモンの妨げになるストレス

女性ホルモン 妨げ ストレス

胸を大きくするには女性ホルモンが大切なのに、先ほどもちょっと紹介しましたが、過度のストレスが女性の大切なホルモンのバランスが崩れることになると、胸はなかなか大きくなりません。

ストレスがかかると、脳の中では、自律神経も乱れてしまいます。

その影響は強く、女性ホルモンさえも乱すことになっていきます。

また、過度なダイエットも良くありません。

無理したダイエットをすることでストレスをためてしまったり、激しいダイエットで食事を抜いたりすると、それもまたホルモンのバランスの崩れを引き起こすことになります。

女性ホルモンを多くするには普段の生活をどう過ごすかも大切です。

まとめ

女性ホルモンと胸の関係を中心に紹介しました。

女性ホルモンを気にしながら生活ができるようになったら、今度は、ブラについても見直してみてください。

本当に自分に合っているサイズなのかも胸の大きさには大切です。