体脂肪率 体重 胸 関係

体が太っている人に胸が大きい人が多いように感じますが、そうなると、体脂肪率と体重と胸との関係が気になりますよね。

胸は乳腺が少しで9割は脂肪でできているとされています。

となれば、体脂肪率が上がれば胸に反映されるのか、体重が増えれば胸の脂肪も増えて大きくなるんでしょうか。

ここでは、体脂肪率と体重と胸の関係について迫ります。

体脂肪率と体重の胸の関係って!?

体脂肪率と胸との関係はやっぱりあるようです。

これは、胸が脂肪でできているわけなので、納得はできます。

さらに、体脂肪の中に女性ホルモンのエストロゲンが保存される様です。

そのために、体脂肪率が落ちすぎると女性ホルモンにも影響するようです。

となると、体脂肪が関係しているなら、体重も関係してきそうですよね。

体脂肪率と胸との関係

冒頭でも紹介しましたが、胸は乳腺と脂肪で形成されていますが、乳腺にはたくさんの脂肪がつくようなんです。

だから、エストロゲンを多く分泌させることで乳腺が増殖し、さらに脂肪がついて胸が大きく成長するんですね。

この乳腺の周りにくっつく脂肪を「乳腺脂肪体」と呼ばれていて、簡単にいえば、胸の大きさは、乳腺脂肪体の量で決まることになります。

ということは、胸の大きな人は、体脂肪率は上がっていると考えても良さそうです。

ところが、体の中での胸の脂肪分は、たいした量ではなく微々たるものになります。

そうなると、胸の大きさや小ささが、体脂肪率と関係するぐらいの体つきは、アスリートの方やモデルさんのように、体を鍛えぬいている方のレベルに相当するぐらいということになります。

なので、体脂肪率が高い=胸が大きいという関係性はあることはあるようです。

また、体脂肪率は、女性ホルモンにも影響するようで、女性の体の中で体脂肪率が10%にまで落ちてしまうと、女性ホルモンの分泌が止まってしまうようです。

それは、女性ホルモンの一つ、エストロゲンは、胸を大きくさせるには必要なものとされていますが、このエストロゲン、体脂肪の中に保存されることがわかっているようで、体脂肪が増えればエストロゲンの分泌は増えるようです。

だから、やせ型で体脂肪が極端に少ない人ほど、胸が小さい傾向にあるということになります。

だからといって無理して体脂肪率を増やしてしまうと、余分な場所に脂肪がつくことになります。

そこは十分な注意が必要ですよね。

体重と胸の関係

体脂肪率 体重 胸 関係

まず、結論からいうと、体が太る→体重が増える→胸が大きくなるといった、体重と胸にはやっぱり関係があります。

太ると自然に胸も脂肪がつくことになります。

もともとは、体脂肪と体重は、胸の大きさに大きく関係しています。

その為に、バストアップをするために、筋トレをしたり体を鍛えようとすると、筋肉がつきはじめて、体脂肪が下がって体重も減り、胸が小さくなるといった傾向にあるようです。

痩せている人が、なかなか胸が大きくならないのは、胸に脂肪がなかなかつかないからなんです。

痩せている人が太ったとたんに、胸が大きくなったという声はよく聞きますが納得できますよね。

ただ、胸だけについてくれる脂肪なら歓迎ですが、いらないところにつかれるのがデメリットです。

また、胸を大きくするための脂肪をつけるために、欧米の食生活に切り替えると、胸は大きくなりやすいといわれています。

ただそこにも問題があって、欧米の人の骨格自体が日本人との骨格とは違うので、そこを一緒に考えてしまうと、単に太ってしまうことになり兼ねません。

体重や脂肪を増やすなら、食べることと同時に運動も併用していかないと無駄な脂肪をつけることになります。

まとめ

体脂肪率 体重 胸 関係

いかがでしたか。

体脂肪率と体重と胸の関係について紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

胸の悩みは女性にとっては計り知れないです。

胸の大きさで人生変わるものはないとは思いますが、胸が大きくなったら、やっぱりうれしいものですよね。

この記事を見て脂肪を増やす人は、体型を崩すような増やし方には注意が必要です。