エストロゲン胸 大きく 理由 効果 方法 注意

女らしい体作りから、肌の美しさをキープする上でも大切なエストロゲンのことは、一度はどこかで耳にしているんじゃないでしょうか。

胸を大きくするにはエストロゲンが必要とされていますが、どうしてエストロゲンが胸を大きくするのに効果があるのか、そのメカニズムや理由をまとめました。

また、エストロゲンを増やす方法とエストロゲンを増やすには注意点も紹介します。

エストロゲンが、胸を大きくする効果はホンモノです。

エストロゲンが胸を大きくする理由と効果は?増やす方法は?

エストロゲン胸 大きく 理由 効果 方法 注意

エストロゲンは、思春期の頃に分泌されはじめていき、大人の体へと変化させていく大切なホルモンです。

胸を大きくするにはこのエストロゲンは必須ホルモンです。

ところが、エストロゲンは年齢を重ねていけばいくほど、減っていくという性質のホルモンなんです。

それでなくても女子力を上げてくれるエストロゲンを積極的に増やす方法を知っておくことが胸を大きくする効果が期待できます。

また、エストロゲンを摂り過ぎるのも注意が必要です。

さらに、エストロゲンの分泌を妨げるような生活も注意が必要です。

いったいどんなことに注意したらいいんでしょうか。

まずは、エストロゲンが胸を大きくする効果を知っておきましょう。

エストロゲンは美のホルモン

エストロゲンは、女性ホルモンの一種です。

エストロゲンは、美のホルモンと別名でも呼ばれるホルモンで、肌の弾力からハリのある肌を作るコラーゲンを生成してくれて、胸を大きくする効果だけではなく、肌の潤いの源にもなっています。

エストロゲンは、卵巣・胎盤・副腎皮質で作られて分泌されていきます。

このエストロゲンは排卵前に充電されることから、排卵日前の女性は、一番魅力的な女性になるともいわれるほどなんです。

また、エストロゲンは、子宮内膜を増殖させる働きがあって、受精ができる準備を整えて妊娠しやすい状態を作る働きもあります。

さらに、エストロゲンは自律神経を整える働きもあります。

そのため、更年期障害で自律神経が乱れてしまうのは、エストロゲンの減少とも考えられるようです。

また、エストロゲンは、高機能なホルモンで、血管を拡張させて、熱を発散させる作用があり、基礎体温を下げる作用もあります。

排卵直前に体温が下がるのは、このエストロゲンが多く分泌されるからなんです。

これだけ女性にとって大切なエストロゲンですが、実はエストロゲンは、かなりデリケートなホルモンなので、注意点もあります。

その注意点については、後半で紹介します。

エストロゲンが胸を大きくする効果がある理由は?

エストロゲンは、私たちの体の成長には、大きく関わりがあります。

エストロゲンは、体の成長や精神状態とは深いつながりを持っています。

そのため、女性の成長の早さが男性よりも早いのは、エストロゲンが早い段階でたくさん分泌されているためと考えられています。

体の成長に関わりがあれば、当然、胸を大きくすることにも効果を発揮します。

エストロゲンが胸に効果があるメカニズムと理由を知っておきましょう。

胸を大きくする乳腺を発達させる効果

胸は、主に、乳腺と乳腺の周りについている脂肪と、クーパー靭帯と呼ばれているコラーゲンの繊維束で作られています。

胸が大きくなるのは、乳腺が増えることで胸が大きくなるメカニズムになっています。

エストロゲンは、この胸を大きくさせる乳腺を増やしてくれるホルモンです。

ということは、乳腺の数を決定するのはエストロゲンになるわけです。

エストロゲンが多く分泌されれば、その分、乳腺も増殖することになります。

エストロゲンは、思春期の正常時期から分泌されるようになり、30代前後までに、このエストロゲンがどれだけ分泌されたのかで乳腺の発達も変わってくることになります。

乳腺が増殖すると胸の脂肪が増えて胸を大きく

胸のほとんどは脂肪になっていて、脂肪の乳腺の割合は、脂肪が9に対して乳腺は1といわれています。

とはいっても、脂肪は乳腺を守るために、乳腺の周囲にくっついています。

なので、乳腺が増殖すれば脂肪も増えていく仕組みになっています。

エストロゲンが乳腺を増殖させれば、自然と胸の脂肪も増えることになります。

エストロゲンが胸を大きくする効果は絶大です。

  • エストロゲンが分泌する→乳腺が増殖する→いっそう胸の脂肪が発達する

エストロゲンを増やしていく方法は?

エストロゲン胸 大きく 理由 効果 方法 注意

さて、これだけ胸を大きくしてくれる効果がある、大切なエストロゲンを増やしていく方法はどうしたらいのでしょうか。

規則正しい生活と栄養のバランスを考えた食事が大切

夜更かしや不規則な生活習慣をやめて規則正しい生活をすることが、エストロゲンの正常な働きを促します。

また、栄養のバランスを摂れた食事をしないと、十分な栄養が胸にまで行き届きません。

そうなるとエストロゲンの効果が半減します。

エストロゲンと似た成分を取り入れる食事をする

エストロゲンと似た成分が大豆に多く含まれるイソフラボンです。

イソフラボンを多く含む、納豆・きなこ・枝豆などを積極的に摂り入れましょう。

サプリメントでエストロゲンを摂る

サプリメントは不足しがちな成分を摂るにはとても適しています。

よく聞くバストアップサプリには、植物性エストロゲンが含有されているものも多くあります。

ただし、飲みすぎたりするのは厳禁です。

また、副作用もあるといわれているので、十分注意してください。

バストアップサプリは、最も高い効果が期待される「プエラリア」がおすすめなようです。

エストロゲンを摂り入れるときの注意点

エストロゲン胸 大きく 理由 効果 方法 注意

エストロゲンを摂り入れる際には注意点もあります。

  • 過剰に摂取しないこと
  • 生理中は、エストロゲンが低下している時期なので、このタイミングでエストロゲンを多量に取り入れると生理不順が起きる要因になります。生理中は、無理に摂取しないように注意しましょう。

エストロゲンを減少させないようにする注意点は?

エストロゲンはいろんな働きで女性を助けてくれていますが、エストロゲンは、とてもデリケートなホルモンでちょっとした生活習慣で、エストロゲンが減少してしまうことがあります。

環境の変化やちょっとしたストレスが積み重なってくると、生理が不順になってしまうのと同じで、エストロゲンを増やすためには日頃の生活の中の注意点もあります。

お風呂に入ってしっかり温まる

忙しいからといって、シャワーだけで毎日過ごすのは、エストロゲンにはよくありません。

というのも、女性は冷え性が多いです。

よく部屋の中は温かいのに、手足が冷たくなるような人は、全身の血行がスムーズにいっていない可能性があります。

冷えや血行不良はエストロゲンの分泌を低下させる可能性があります。

また、冷たい飲み物が好きという人も要注意です。

栄養のバランス考えた食事

朝食を抜いたり、栄養の偏りのある食事もエストロゲンの分泌を妨げるので注意が必要です。

偏食や加工食品ばかり取り入れた食事は、ホルモンバランスを崩します。

ホルモンバランスが崩れるとエストロゲンの分泌も正常に行われない可能性があります。

毎日の食事には注意しましょう。

ストレス・疲れ・寝不足

ストレスや過度な疲れは、自立神経のバランスを崩すことになります。

そうすると、卵巣刺激ホルモンの量が減ってしまうと、エストロゲンの分泌も減少します。

また、精神的なストレスだけではなく、疲れからくるストレスも同じです。

さらに、寝不足や夜更かしも卵巣の働きを低下させて、エストロゲンの低下を招きます。

運動不足

運動することは、全身の血管を広げて、血行の流れを良くします。

また、運動することで子宮の周辺の体感部分も温かくなることからエストロゲンの分泌をより促す効果があるとされています。

運動不足になってしまえば、血流の流れが悪化し冷えを招きます。

冷えることでエストロゲンが減少します。

まとめ

エストロゲン胸 大きく 理由 効果 方法 恋

今回は、胸を大きくするエストロゲンを中心に紹介しました。

エストロゲンを自然に分泌させるには、恋をすることも大切といわれています。

これは都市伝説ではなく、女性は恋をしてドキドキすることで、脳内のドーパミンが働くようです。

そうなると、エストロゲンが増えるんですね。

恋もエストロゲンにはとても大切な栄養素かもしれません。