産後 垂れた胸 下垂 バストアップマッサージ 食べ物 効果

無事に出産を終えて育児に入るママさんが次に気になって来るのは、産後の垂れた胸。

垂れた胸はこのままにしておくと、もっと下垂になっていきます。

妊娠によって女性ホルモンが活発になり、大きくなった胸も産後は、少しずつ下垂になってきます。

一度下垂になった胸を、放置したままだと妊娠する前の胸に戻すのはむずかしいです。

産後の下垂を防ぐのも、解消するのも、バストアップに効果がある食べ物や、乳腺を刺激するようなマッサージに効果があります。

今回は、産後垂れた胸や下垂した胸をバストアップする方法を中心にまとめてみました。

産後のバストアップは乳腺を直接刺激するマッサージが効果大!

産後にあれだけ大きくなった胸が、少しずつ小さくなってくるということは、胸のサイズの変化で、皮膚が伸びて、胸が小さくなれば皮膚は縮んでくるということになります。

この伸び縮みの変化が胸の皮膚にはかなり負担なんです。

この皮膚の伸び縮みが下垂の原因にもなります。

産後の垂れた胸を防ぐのも、下垂を解消するのも、産後のバストアップのマッサージでのケアと、女性ホルモンの分泌を促す生活習慣や食べ物などを摂ることはバストアップに効果があります。

産後ほど積極的にバストアップのケアと食べ物に気をつけていくべきです。

産後、授乳中から少しずつ垂れた胸になってくる

妊娠すると、今までよりもぐっとバストアップして、今までの胸の悩みが一気に解消されるほど、ハリのある大きな胸になりますよね。

妊娠している時の胸の重さはが、最大の大きさになると、今までよりも3倍~4倍ものバストアップになるといわれているようです。

この妊娠時の胸の大きさは、女性ホルモンの分泌が活発になり、それによって乳腺が増殖して発達して、胸がより大きくなります。

ところが、産後、はっと気づくと胸が少しずつしぼんでくるのがわかってきます。

この胸が妊娠からしぼんでくるまでの期間で、胸が大きくなるピークを迎えるのが、赤ちゃんへの授乳が始まる出産後の2日かもしくは3日後から、そろそろ授乳が終わる断乳の時期までのだいたい1年間といえるようです。

とはいっても、その1年間が終わらない授乳中から、少しずつ胸がしぼんでくるようになってきます。

そして、妊娠する前のバストサイズに戻るようなんです。

ところが、戻ってもこの時点から何もしていかなければ、その状態をキープできずにあとは垂れた胸になっていきます。

いったん、垂れてきたバストを、自力で妊娠前の状態に戻すのは、かなりむずかしいいです。

でも、早めにバストアップのマッサージやバストアップにつながる食べ物を積極的に摂り入れていくと、下垂するのを食い止めることはできます。

産後に垂れた胸になったり下垂になるわけは?

産後 垂れた胸 下垂 バストアップマッサージ 食べ物 効果

なぜ、産後に垂れた胸になって、下垂に向かっていくのかを知っておくと、どんなマッサージや食べ物に効果があるのかよくわかります。

産後、年齢を重ねていけば、胸は垂れるものだと思って諦めてしまいますよね。

確かに年齢を重ねれば重なるほど、重力がかかっているので、下垂になりますが、胸が下垂になるのは、年齢だけではないんです。

どちらかというと、生活習慣などやいろんな原因が積み重なって下垂をさせます。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりした下垂に!

胸は、乳腺・脂肪で作られていますが、もう一つ、胸の中に網目状態のようにクーパー靭帯という組織が張り巡っています。

このクーパー靭帯は、乳腺や脂肪と大胸筋をつないでいる組織で、クーパー靭帯が胸の形を作っている働きをしています。

そのために、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうと、もう綺麗な胸の形をキープしていくことができません。

クーパー靭帯は、ある程度の強度はあって、強く伸びることがあっても、元に戻る多少の力はありますが、頻繁に激しい運動をしたり、外からの強い刺激を受け続けてしまうと、切れることもあって、伸びた状態でそのまま戻らなくなることがあります。

それが胸の下垂につながっていくわけなんです。

妊娠による胸のサイズの変化が垂れた胸につながる

妊娠中に大きかった胸が、妊娠後に小さくなっていきますが、この胸のサイズのアップダウンが急激すぎると、クーパー靭帯が伸びると共に、胸の皮膚も伸びてしまいます。

出産を経験した多くのママさんたちが、産後になると、胸の形が崩れて垂れた胸になったと感じてくるのは、この胸のサイズの変化のためなんです。

さらに、妊娠・出産で、体重に急激な変化があった場合も、胸のサイズの変化になり、垂れた胸や下垂の胸を作る原因になります。

産後のホルモンバランスの変化

乳腺は、エストロゲンの分泌によって増殖します。

垂れた胸や下垂を防いで、ハリがある胸にするのは、この女性ホルモンのエストロゲンの分泌が必要です。

ところが、産後に育児や日頃の疲れがストレスになったり、夜更かしや乱れた生活習慣をしていくと、ホルモンのバランスに変化がおきます。

そうなると、エストロゲンの分泌が減少して、下垂の原因となっていくわけです。

女性ホルモンは授乳中、母乳を出そうとして分泌が多くなっていきます。

そしてそれに伴い乳腺も発達するわけです。

だから、授乳が終わったら女性ホルモンは当然少なくなっていきます。

女性ホルモンが少なくなれば、乳腺は衰えていきます。

そして、どんどん胸が小さくなってくるんですね。

女性ホルモンを促すような食べ物を摂り入れていくことが効果につながるんです。

産後の下垂に効果があるバストアップマッサージ

産後 垂れた胸 下垂 バストアップマッサージ 食べ物 効果

この動画で紹介しているマッサージは、乳腺を刺激するようなマッサージをすることで、ストレートに乳腺に働きかけてバストアップを狙った方法なので、かなり効果が高いマッサージです。

胸の脂肪は、乳腺の周りにくっついています。

なので、乳腺が増殖すればその分脂肪も増えていくという仕組みになっています。

乳腺を意識したマッサージは、乳腺を刺激することは、確実にバストアップ効果が期待できます。

このマッサージは、お風呂の中で行うことで、血行が良くなり、老廃物や余分な水分も流れて循環が良くなるので、バストアップには最適なマッサージ法です。

乳腺刺激バストアップマッサージ

左手を脇の下に当てましょう。

マッサージは、脇の下から胸の下へと手で滑るようにマッサージしていき、胸の谷間に移動させ、そこから胸の谷間に向かって、最後はデコルテという流れでマッサージしていきます。

コツは、ゆっくりとやっていくことです。

片方10回繰り返します。

手のひらでやさしく流すようにしていきます。

バスト円周マッサージ

右側の胸の下を右手を当て片方の手は胸の上に当てやるマッサージです。

胸の周りを円で囲むようにマッサージしていきます。

片方10回ずつやります。

バストアップに効果のある食べ物は?

産後の垂れた胸や下垂を防いでバストアップするには、女性ホルモンの分泌を促す食べ物を摂り入れることも重要です。

特に、イソフラボンには女性ホルモンと似ている作用があることから、大豆イソフラボン・タンパク質・ボロンなどが入っている食べ物は、積極的に摂り入れていく必要があります。

ただ、大量に摂取すればいいというものでもないです。

食べ過ぎにも注意が必要です。

一日の大豆イソフラボンの摂取量の目安は70mg~75mgといわれています。

納豆(45g)1パックなら約35mg、豆乳(200g)1パックなら約40mgになっているので、これを参考の目安にしてください。

バストアップに効果のある食べ物

  • 納豆
  • 豆乳
  • 鶏肉(ささみか胸肉)
  • マグロやカツオ(ビタミンB6が含まれていてエストロゲンの代謝に働きかける作用があります。
  • アーモンド・ナッツ類
  • ココナッツオイル
  • 卵黄
  • アボカド

産後のバストアップエクササイズ

バストアップマッサージに慣れてきたら、大胸筋のエクササイズもやっておきましょう。

やっぱり垂れた胸と下垂の解消や予防には、大胸筋の合掌ポーズはかなり効果があります。

まとめ

産後の垂れた胸や下垂を改善するバストアップマッサージと食べ物などを紹介しました。

バストアップに効果がある食べ物あれば、貧乳になるとされる食品もあります。

それがコーヒーとアルコールのようです。

ただ、飲まないようにするのではなく、飲み過ぎには注意をするということのようです。

また、垂れた胸になりたくない方はナイトブラもおすすめです。