授乳後 胸 バストアップ 体操 マッサージ 方法

授乳後の胸は、すでに授乳中から垂れ始めているといわれています。

特に授乳をした胸は、皮膚が膨らんではしぼむを繰り返すことで皮膚が伸びるともいわれているんですね。

産後の胸の垂れを防ぐには、授乳後からすぐにバストアップの体操やマッサージをやっていくと、元の胸に戻ることが可能です。

その状態をキープしていくことも可能になります。

授乳後のバストアップは、リンパや乳腺を刺激したり大胸筋を鍛えることで、お産前の胸を取り戻すことができます。

授乳後のバストアップ方法はリンパと乳腺マッサージ・大胸筋が効く!

授乳後のバストアップ方法は、大胸筋を鍛える体操と、リンパの流れ意識したマッサージや乳腺を刺激するマッサージが効果的です。

出産と授乳で胸が大きくなったり小さくなったりを繰り返したことで、胸と胸の皮膚にはかなり大きな負担になっています。

産後に垂れた胸を戻したら、そのバストをキープしていく必要があります。

加齢ともに垂れる胸は、乳腺やリンパを意識したマッサージと、大胸筋の体操で鍛える方法がバストアップの近道です。

授乳後に垂れるのはなぜ?

妊娠中に張りのある大きな胸が、授乳途中からすでに少しずつ垂れ始めてしまうのはなぜでしょうか。

それは、授乳後は、女性ホルモンの分泌が活発に働かなくなって、乳腺の発達が衰えるからです。

授乳している間の女性ホルモンは、母乳を出すために活発に分泌されていきます。

そうすると乳腺も増殖していくわけです。

ところが、授乳が近づいてくると、母乳を作ることもなくなってきてしまうので、女性ホルモンの分泌は少しずつ少なくなっていくことになります。

乳腺は女性ホルモンの分泌で発達するものなので、女性ホルモンの分泌が減少すれば、乳腺の発達も少しずつ衰えていきます。

胸は、脂肪と乳腺とクーパー靭帯といわれる束で構成されていますが、乳腺が衰えてくれば、胸の張りがなくなってきます。

さらに、授乳中、赤ちゃんのために母乳を蓄えて大きくなった胸が赤ちゃんに母乳をあげれば胸がしぼみます。

これを毎日繰り返していく中で、皮膚が伸び縮みしてどんどん垂れていく流れになっています。

そのため、胸の乳腺を刺激するようなマッサージ方法は、バストアップの効果が期待できます。

妊娠したときの大きさのピークからしぼむまでの期間は?

女性は妊娠すると、胸が大きくなり始めますよね。

妊娠時の胸の重さは、最大になったら、いつもよりも3倍から4倍の大きさにもなるようです。

これは妊娠したことで乳腺が発達して胸が大きくなります。

この妊娠したときの大きさのピークは、出産後の2日から3日頃で、赤ちゃんへの授乳が始まって、断乳が終わるまでの約1年間で、少しずつ小さくなって、元のバストサイズに戻るといわれています。

ただ、元に戻るどころか放っておくともっと垂れます。

授乳後に何も対策をしないとどんどん垂れる

授乳後 胸 バストアップ 体操 マッサージ 方法 垂れる

胸が垂れるのは、授乳後だけではなく、そのままの状態でバストアップのための体操やマッサージ方法を取り入れていかないと、胸の垂れはもっと進むようになります。

というのも、先ほども紹介したように、胸の乳腺と脂肪を支えているのはクーパー靭帯です。

このクーパー靭帯は、妊娠中から産後までの間、胸が大きくなったり、しぼんだりする胸を支えていることで、伸びてしまいます。

だから、授乳後に胸が垂れ始めるんですね。

この状態のままでいくと、さらにもっと垂れが進行していくことになります。

クーパー靭帯は、大胸筋ともつながっています。

なので、大胸筋を鍛えることは、クーパー靭帯にも刺激になり、クーパー靭帯を支える役目を果たしてくれます。

バストアップの方法で、大胸筋を鍛える体操が推奨されるのはこのためなんです。

産後のバストアップは、大胸筋を鍛えることは必須条件になります。

バストアップ体操:合掌ポーズ体操の応用編

授乳後のバストアップの体操は、大胸筋を鍛える体操です。

合掌ポーズのバストアップ方法はよく知られていますが、この動画で紹介する合掌ポーズのバストアップは、合掌ポーズの応用編です。

大胸筋・小胸筋を意識する体操で、きれいなデコルテを作ることができます。

これを1日1回1分だけで効果があります。

  1. 胸の前で合掌します。手を押し合わせて、右に少し移動します。
  2. 反対の方にも移動します。
  3. 次は、合掌した手を下に持って行き、また中央に戻します。
  4. そこから今度は上に持っていて、また中央に戻します。

バストアップ体操:ダンベル体操

このバストアップ体操も大胸筋にダイレクトに効きます。

  1.  500mlのペットボトルに水をいれたものを2本用意します。
  2. 仰向けになって、両足は肩幅と同じぐらいに開きます。
  3. 両手でペットボトルを持ち上げて、ペットボトルの向きを横向きにします。
  4. 次に、肘を曲げながら、ペットボトルを下げましょう。
  5. そして、再び腕を伸ばして天井に上げます。

これを20回繰り返します。

バストアップマッサージ方法:乳腺刺激マッサージ編

このマッサージは、乳腺に刺激を与えるマッサージ方法で、乳腺が刺激を与えられると、乳腺の周囲に脂肪がつくことから、ダイレクトに乳腺にアプローチしたバストアップマッサージになります。

授乳後の乳腺を刺激して血行の流れも良くなると、バストアップ効果が高まります。

また、このマッサージ方法は、お風呂でしっかり体が芯から温まっている状態だと、より血行の流れが良くなっているのでよりバストアップに効果的です。

動画で紹介されているバストアップは、2つの種類が紹介されていますが、とてもわかりやすくやりやすい方法になっています。

バストアップマッサージ

左手を脇の下に当てましょう。

マッサージは、脇の下→胸の下→胸の谷間→デコルテという流れでマッサージしていきます。

片方10回ゆっくりと繰り返しましょう。

このときに、力を入れすぎずに、滑らかに滑らせるように手のひらで流すようなイメージでマッサージしていきます。

このマッサージのポイントはゆっくり流していくマッサージを意識します。

バスト円周マッサージ

まず、右側の胸の下を右手を当ててください。そして片方の手は胸の上に当てます。

次に、胸の下に当てている手を、胸の谷間に向かってさするように滑らせていきます。

同時に、胸の上に置いている手は、胸の脇へと滑らせるようにします。

胸の周りに円を描くようなイメージでやっていきましょう。

片方10回ずつやります。

バストアップマッサージ方法:ツボ押し編

ここでは、バストアップに効果があるツボを紹介します。

そのツボは、渕腋=えんえきというツボです。

渕腋のツボの場所は、乳頭の部分から約10cm外側に位置します。

脇の下のあたりになります。

このツボを刺激することで胸が刺激され、バストにハリが戻って、バストアップの効果が期待できます。

また、肌の調子をよくするツボでもあります。

この部分を押していきます。

ツボ押しのタイミングは、お風呂上りで血行が良くなっているときに行うと最も効果的です。

それぞれの手の親指で渕腋を押して刺激を与えます。

押し方は3秒押したら、力を抜きます。

これを3回から5回ほど繰り返します。

押し方のポイントは、ゆっくりと押すことと、あまり力を入れすぎないで、イタ気持ちいいと感じる程度でやめておきます。

ツボ押しには注意点もあります。食後すぐのツボ押しや、お酒を飲んだ後、体調が悪い時、発熱があったり妊婦さんは、このツボを押すのは控えてください。

バストアップマッサージ方法:リンパマッサージ編

バストアップマッサージ方法の中でもリンパのマッサージは、ダイレクトに胸に効果があるというよりも、より胸に栄養分を流すことでバストアップにつなげるものです。

実は、いくらバストアップの筋トレや体操をやっても、なかなかバストアップができない人は、リンパの流れが滞っている可能性があります。

リンパのマッサージをすることで、胸に充分な栄養分が回っていけば自然にバストアップしていきます。

このバストアップ方法は、代謝もアップするのでお腹とお尻の肉痩せにも効果があります。

できれば、大胸筋の体操と一緒にやっていくとより効果的です。

まとめ

授乳後のバストアップ法を中心に紹介しました。

授乳後のバストアップ法は、体操でもマッサージでも数回やっていくだけでは効果につながりません。

ちょっとした家事の合間や、テレビを見ながら続けていくのが一番いい方法です。