鳩胸 谷間 できない

鳩胸でお悩みの方必見!

「鳩胸で胸が離れ気味・・・」「胸が張っているだけで形も大きさもない・・・」とお困りの方も多いはず。

そこで今回は、鳩胸でもキレイに胸を見せる方法や改善方法をご紹介♪

コンプレックスを早めに解消してみませんか?

そもそも鳩胸って?

鳩のように胸が前に突き出ていることを鳩胸と言います。

そのため、服を着ている状態では胸が膨らんで見えますが、実際にはその膨らみよりもバストが小さいことがあり、自分に自信が持てずにコンプレックスになってしまう方も沢山いるようです。

また、鳩胸とは骨の病気であるとも言われています。

胸の真ん中に縦長に触れる骨のことを胸骨と言い、この胸骨部分が鳩の胸のように前方に変形し、増大している状態になってしまっているのです。

鳩胸の改善方法とは?

鳩胸は胸骨が変形したことによる症状であるので、完全に治したい方には「胸骨翻転術」という手術を受ける必要があると言われています。

この手術は、小学生に入るか入らないかの歳から行うことができ、手術を行うことによって後遺症などが残ることはなくきちんと改善することが出来るのが特徴!

また軽度の鳩胸では、ストレッチやヨガなど様々な方法でも改善できると言われています。

ストレッチは、毎日習慣的に行うことで身体の骨が改善されていき、ヨガでは就寝前に行う「猫のポーズ」が一番効果的と言われています。どちらも徐々に改善されていくので少しずつでも毎日続けることが大切です。

胸をキレイに見せる方法とは?

鳩胸の方は胸が張っており、バストが左右に離れやすいため、谷間が出来にくいと言われています。

そこで重要な事が、「自分の胸に合ったブラジャーを選ぶこと」!

ブラジャーを選ぶポイント!

ワイヤー入りを避け、フルカップではなくハーフカップか3/4カップを選ぶようにすると良いでしょう!

フルカップブラでは胸の安定性の確保は優れていますが、乳房の下の方が開くのに上側はキツイという事になり、鳩胸の方にはあまり向きません。

3/4カップブラやハーフカップブラでは胸を程よく収めることができ、寄せる効果もあるのでキレイでスッキリとした谷間バストが出来るのです♪

特に寄せ上げる力が強く胸も安定し、脇肉を中央に寄せる構造がある3/4カップブラがオススメですね♪

まとめ

鳩胸の方がブラジャーを探すときは必ず試着と採寸をし、自身の身体に合っているかを確認することをオススメします。

またストレッチやヨガなどでも改善できるため、諦めずに毎日続けて、鳩胸というコンプレックスを少しでも減らしていけるように出来るといいですね。