アボガド バストアップ 効果 期間 摂取量

アボガドは、野菜と思われがちですが果物の一種です。

アボガドの栄養価は高い評価があり、世界一栄養価が高い果物としても注目されているほどで、アボガドを食べることでダイエットから美肌、そしてバストアップにも効果があるとされています。

そこで、気になるバストアップに効果がある理由や、どのぐらいの摂取量がいいのか。

また、どのぐらいの期間からその効果がわかるのかを調べてみました。

アボガドにはバストアップに効果があるビタミンEが豊富!

アボガド バストアップ 効果 期間 摂取量

アボガドにはたくさんの栄養素が含まれているのでバストアップだけではなく、美肌作りにも一役買っているようです。

それがアボガドに含まれるビタミンEです。

ビタミンEは、バストアップだけではなく、私たちの美容にも欠かせない成分として知られています。

アボガドは脂肪も多いので、バストアップの効果を感じるには、どのぐらい食べていいのか摂取量も気になりますよね。

そして、アボガドに限らず、バストアップに効果がある食べ物は、どのぐらいの期間摂取することで効果が出るんでしょうか。

アボガドの成分

アボガドは、てっきり野菜と思っていた方も多いんじゃないでしょうか。

だって、果物なら、少しは甘さがあってもいいですよね。

口当たりはなめらかながらも濃厚な口当たりです。

このまったりとして食感が苦手な方もいますよね。

さて、こんなアボガドには、どんな成分が含まれているのでしょうか。

  • カリウム
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リン
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • 脂肪酸
  • 食物繊維

とこれだけの栄養素が含まれています。

それも、ビタミンの種類は10種類以上、そしてミネラルも10種類以上と豊富に含まれています。

また、脂肪がとても多くて、食べている部分の20%は脂肪なんだそうです。

これだけアボガドに脂肪を多く含んでいることから、とても高カロリーな果物ではあるんですね。

ところが、アボガドの脂肪の80%は、不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸なので、コレステロールの心配はいらないんです。

アボガドを摂ることで、便秘が改善されたり動脈硬化の予防になったり、美肌の効果もあります。

さて、アボガドに含まれるバストアップに効果のある栄養素がビタミンEです。

ビタミンEがバストアップに効果あり!

アボガド バストアップ 効果 期間 摂取量

アボガドに含まれるビタミンEの何がバストアップにつながるのかみていきましょう。

ビタミンEがバストアップにつながるメカニズム

実は、アボガドに含まれるビタミンEがダイレクトにバストアップに働きかけるメカニズムになっているわけではありません。

ビタミンEは、もともと若返りのビタミンと別名で呼ばれるほど、私たち女性には必要な栄養素になります。

ビタミンEの働きは、美白やシミ対策として強い効力を発揮します。

それは、ビタミンEが持つ抗酸化作用があるからです。

強い抗酸化作用の力で、シミなどの原因になる活性酸素の発生を抑えてくれるんです。

そのためアボガドを食べれば美白にも効果があるんです。

そして、ビタミンEには、女性ホルモンを整える働きもあります。

ビタミンEがバストアップにつながるメカニズムは、まず、ビタミンEが体内に吸収されると、脳下垂体は女性ホルモンが正常に分泌が促されるように卵巣に働きかけてくれます。

そうすると、胸に女性ホルモンが届くようになり、そのことにより乳腺が刺激をうけて増殖します。

乳腺は刺激をされると、脂肪は乳腺を守るために、乳腺の周りに脂肪がついてバストアップになるんです。

アボガドを食べることでこれだけの恩恵にあずかれるんですね。

ビタミンEがホルモンを安定させる

女性ホルモンには、二種類あって一つがエストロゲン、もう一つがプロゲステロンです。

よく聞くホルモンのバランスの乱れですが、この二つのホルモン分泌のバランスのことをいっているわけです。

  • 生理が終わってから排卵前まで分泌されるのがエストロゲン
  • 排卵後から次の生理に向けて分泌される特徴を持つのがプロエストロゲン

この二つを安定させることは私たち女性にはとても大切なことで、まず、ホルモンのバランスが崩れてしまうと、女性ホルモン自体の分泌がスムーズにいかなくなります。

分泌量が低下してしまったり、反対に多く分泌されたりします。

バストアップを望むと、多く分泌してほしいと思いますが、女性ホルモンが多く分泌されてしまうと、乳がんなどの原因になると考えられているので、あまり分泌が多すぎても良くありません。

ホルモンのバランスが整えられると妊娠率も向上させることになります。

血の巡りが良くなり胸に栄養が行き渡る

ビタミンEには、毛細血管を広げる作用があり血流を改善してくれる効果が期待できます。

全身の血流が良くなると、細胞の新陳代謝も促されることから、胸にもハリのあるバストを作ってくれます。

バストアップには、女性ホルモンも必要ですが、バストアップには栄養素も必要です。

しっかり食べて摂り入れた栄養素がしっかり胸に行き渡るには、血行の流れが良いことが条件です。

アボガドにはたくさんの栄養素が含まれています。

アボガドに入っているビタミンEの相乗効果で、この栄養素をしっかりバストアップにつなげるには血の巡りがいいことはとても大切なことなんです。

また、女性ホルモンは血流と一緒に流れて全身に行き渡ります。

バストアップ効果を実感するのにどれぐらいの期間食べるの?

アボガド バストアップ 効果 期間

バストアップに効果のあるアボガドや他の食品でも、どのぐらいの期間食べることで効果があるのは誰もが気になりますよね。

アボガドやバストアップに効果のある食品は、地道に長い期間摂り続ける必要があります。

というのも、バストアップするには、まずは、血流の改善がされて、しっかり栄養をとって女性ホルモンが正常に分泌されるように促されていきます。

その過程の中で、少しずつ体の内側をいい方向に改善してからバストアップになっていくので、長い期間かかると思っていた方がいいです。

というか、バストアップは長期間が前提と思っておきましょう。

バストアップには、これだけを摂ればバストアップにつながるものではありません。

アボガドだけを摂っても食生活が乱れていたり、血行の悪い姿勢をするなど生活習慣が続いてしまうと、効果が半減します。

バストアップには、バストアップできる環境を作ってあげることが大前提です。

バストアップに効果がある摂取量は?

アボガド バストアップ 効果 摂取量

たくさんの果物のなかで、アボガドはビタミンEが2番目に多く含まれています。

100gあたり3.4mgとなっています。

私たち女性がビタミンEを摂取の目安は7mgなので、一日のアボガドの摂取量は1個を食べれば、必要なビタミンEを摂ることになります。

ただ、摂取の目安量に関しては、生活習慣によっても変わります。

毎日じっとして座っているような仕事をしている人や、あまり運動をしない人は1/4個程度にしたほうがいいかもしれません。

これは、アボガドに脂質が含まれていることが理由です。

アボガドの保存方法

アボガド バストアップ 保存

アボガドには、食べ頃の時期があって、皮がまだ緑のものは熟していません。

食べるときには熟すまで待ったほうがいいです。

熟しているかどうかわからないときの目安は、皮の色が黒くなったり、皮の上からちょっと押してみると少し柔らかくなったら熟したサインです。

また、アボガドの保存方法は、熟していないのなら常温で保存しましょう。

すでに、熟したら冷蔵庫に保存することが基本的な保存方法です。

賞味期限は、熟したアボガドなら、冷蔵庫で約4日~5日ほどもちます。

ただし、カットしたアボガドならラップにしっかり包めば2日程度はもつようです。

それと、果肉自体が茶色や黒っぽく色が変わってしまったら、腐り始めているので、食べずに捨ててしまいましょう。

まとめ

いかがでしたか。

野菜かと思っていた果物のアボガドのバストアップの効果を中心にまとめてみました。

アボガドを食べ過ぎてしまうと、人によってはニキビが増える方もいれば、脂肪が増えてしまう方もいるようです。

摂取量を守って長い目で摂り入れていくようにしていきましょう。