コラーゲン 胸が張る 理由

私たち女性の間では、コラーゲンは美容に大切な成分ということは広く知られています。

ここにきて、そのコラーゲンを摂り入れることで胸が張るという効果が期待されるということなんです。

胸が張るということは、ハリを与えることになりますよね。

コラーゲンで胸が張るのは、どうやら内側から張るということのようです。

コラーゲンが胸のクーパー靭帯機能を強化してくれる

コラーゲンは美肌作りから関節の痛みなどでも用いられる成分ですが、食材に入っていたり化粧品やサプリメントなどから摂り入れることもできます。

コラーゲンで胸が張る理由は、体に弾力を与えるコラーゲンならではの機能が作用することで、胸が張るようになりハリのあるバストに効果が期待できるんです。

コラーゲンとは?

今更ながらですが、そもそもコラーゲンは、体の弾力を与えたりしなやかさを作ってくれるタンパク質の一つです。

コラーゲンには、細胞と細胞を結合するような働きがあることから、肌に存在するだけではなく、骨や血管や関節などにも含まれています。

私たちの体の中にあるコラーゲンが多く存在しているのが皮膚で約40%を占めているそうです。

骨や軟骨部分には約20%存在して、あとの残りのコラーゲンは、血管・内臓などに存在して全身のいろんな部位に広く存在しています。

先ほど、皮膚で約40%と紹介しましたが、真皮層に含まれているコラーゲンは約70%を占めているそうです。

さて、この肌の中でコラーゲンは、真皮層に網目のような形状でコラーゲンが張り巡らされている状態で存在しています。

ところが、年齢が進めば、機能が落ちてくるので肌がシワになったりたるみなどの現象になるわけです。

コラーゲンで胸が張るのは、この網目状のコラーゲンが胸の中にもあるからなんです。

コラーゲンで胸が張る理由

さて、胸の構成は何でできているかご存知ですよね。

胸の中には乳腺が10%と残り90%が脂肪となっています。

この脂肪は乳腺の周りにくっついている脂肪で、乳腺が増殖すれば、それに伴って脂肪も増えるようになっています。

そして、胸の中にはもう一つ、バストアップに欠かせないクーパー靭帯があります。

クーパー靭帯はコラーゲンの繊維束でできていて、大胸筋と胸をつないでくれているもので、網目状になった状態で張り巡らされているんです。

コラーゲンでできているクーパー靭帯なので、もちろん年齢と共に機能が衰えてくればクーパー靭帯も少しずつ伸びてきたり断裂してしまったりしてきます。

それも一度伸びきってしまったクーパー靭帯は元に戻ることはありません。

このクーパー靭帯が伸びてしまう原因は年齢だけじゃなく外からの衝撃などで伸びたり切れたりします。

よくノーブラは良くないといわれますよね。

あれは、ちゃんと胸を支えていないと、クーパー靭帯が伸びてしまうためなんです。

クーパー靭帯がしっかり機能できる状態なら胸が張ることにつながります。

バストアップも可能なんですね。

コラーゲンで胸が張る理由は、コラーゲンがクーパー靭帯機能を維持してくれるからです。

コラーゲンを摂り入れることは、胸が張ることになるので、見た目にもハリが戻ってくることになります。

女性には、胸が張る状態は見た目もきれいなバストで憧れですよね。

いくつになってもきれいな胸を維持していきたいと思うものです。

そんな年齢などからくる機能の衰えをコラーゲンを摂り入れることで胸が張るようにするわけです。

コラーゲンの強化は30代前後が目安

コラーゲン 胸が張る 理由 30代

胸をしっかりと支えてくれているコラーゲンでできているクーパー靭帯は、若いうちはコラーゲンの生成が十分にできるのでそれほど影響はありません。

ところが、30代前後になってくると、コラーゲンが不足してしまいがちになります。

30代を過ぎる頃になると、体の中で作られているコラーゲンが分解されてしまうことから、どんどんバストのハリが失われて、胸が垂れてくるなどの現象となって現れてきます。

でも、日頃からコラーゲンを積極的に摂り入れてコラーゲンの機能を強化して行けば、十分胸が張ることにつながりハリのあるバストを維持することが可能です。

相乗効果として、シミやシワを緩和する働きもあるので、一石二鳥です。

年齢を重ねていくと、デコルテ部分にもシミができたりシワができたりして、若い時のような白い肌を維持していくが厳しくなってきます。

コラーゲンを摂り入れることで、胸が張ると同時にデコルテ部分のハリから肌のトラブルまで対策ができます。

コラーゲンが含まれている食材

コラーゲンで胸が張る理由はわかったらコラーゲンを積極的に摂り入れていきたいですよね。

コラーゲンは、いろんな食材から摂り入れることができます。

ゼラチン・ゼリー・牛すじ・さば・鶏の皮・魚の皮・ふかひれ・すっぽん・軟骨・アナゴ・ウナギ・えいひれ・さんま・ブリ・あわび・なまこ・豚足・豚肉・マトン等。

これだけの多くの食材に含まれているので、自分が食べやすい食品で料理を作ってコラーゲンを摂り入れていきましょう。

特に、胸が張る効果が期待できるレシピなら、ゼリーかもしれません。

ゼリーはゼリーでもゼラチンで作るゼリーです。

ゼラチンを冷蔵庫にいれて冷えたフルーツと一緒に混ぜて食べたりするのはデザート感覚で摂り入れられます。

ゼラチンはスーパーでもドラッグストアでも購入できます。

コラーゲンをサプリメントやドリンクで摂る場合

食材だけではなく、コラーゲンのサプリメントやドリンクでも併用して摂り入れるのもおすすめです。

コラーゲンのサプリメントやドリンクもドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入できます。

たくさん購入するならネット通販もいいかもしれません。

コラーゲンなどをサプリメントやドリンクで摂り入れる場合は、就寝前や空腹時が一番ベストなタイミングです。

就寝前や空腹時でコラーゲンを摂り入れると、より体内に吸収されやすいようです。

ただ、バストアップサプリと同様に、たくさん飲めばいいというものではありません。

摂り過ぎてしまうと、逆に太ってしまうことになったり、お腹がゆるくなってしまうなどのデメリットがあります。

サプリメントは、容量と用法を守りましょう。

なんとかたくさん効いてほしいと大量に飲んでも効果があるのもではありません。

サプリメントやドリンク系のものは、長く飲み続けて効果を期待するものです。

また、サプリメントやドリンクなどで注意したいのが安価なものです。

あまり安すぎるものはコラーゲンの量が少なかったり、コラーゲンの量よりも他の成分が入っていることもあります。

体内のコラーゲンを増やせる環境作り

コラーゲン 胸が張る 理由 体内環境

コラーゲンを摂り入れることで胸が張るようになるなら、積極的に摂り入れていきたいですが、それだけには頼れません。

普段の生活習慣を見直していくこともバストアップにはとても大切な要素です。

いくらコラーゲンを外から吸収していっても、日頃の生活習慣が乱れてしまうと、コラーゲンを摂り入れてもその効果が発揮できなくなります。

コラーゲンを摂り入れてそのコラーゲンの十分なメリットを吸収するには、日頃の生活を見直してみましょう。

夜更かしは避ける

先ほども、コラーゲンのサプリメントやドリンクの飲むタイミングについて紹介しましたが、バストアップに必要な成長ホルモンが分泌される時間は、夜10:00~翌日午前2:00といわれています。

この時間帯にしっかり睡眠をとっていると、成長ホルモンの分泌が促されるので、肌だけではなくバストアップにも効果があるとされています。

睡眠を摂ってバストアップできる環境を作りましょう。

食生活

普段の食生活の中で、甘いものばかり食べていたり脂肪分が多い食品を食べてばかりいると、栄養が不足してしまって、胸が張るどころか、バストアップにはなりません。

胸も栄養素が必要です。

バランスのとれた食生活にするように心がけましょう。

まとめ

コラーゲン 胸が張る 食

コラーゲンによって胸が張るようにするには、普段の生活でもバストアップができるような環境作りも大切です。

コラーゲンがしっかり機能できるように、睡眠や食生活も気をつけることと、冷え性などの対策もしましょう。

冷え性は、血行の流れが悪くなりバストアップには良くないとされていますよ。